2014年05月07日

Google Reader

通常RSSリーダーを利用することができるのは、RSSに対応しているWebサイトやブログからの配信だけとなります。
それがGoogle ReaderではRSSフィードへ対応できていないサイトに関しても自動的にフィードを作ることができるような便利機能があります。
例えば今「iphone4」に関しての情報が気になっているとします。
それをRSSに対応していないapple.comから更新情報を入手できるようになるのです。
操作は簡単ですからぜひ試してみてください。
日本語版にはまだ対応できていないと思うので、操作は英語版で行います。
まず「Google Reader」の言語の設定を「English」にします。
次に左上の「Add a subscription」をクリックして直接URLを入力します。
今回の場合は、「http://www」のあとに「.apple.com/iphone4/」と入力します。
画面に英文が表示されたら「Create a feed」をクリックすれば登録完了です。

RSSの自動作成機能はgooの「RSS作成版β」などを通じて実験的にサービスが提供されていました。
しかし本格的にRSSリーダーの中へ機能として追加したのはGoogle Readerが初めて行ったことだと思います。
この仕組みはクローリングしているサイトの情報をGoogleが元として、情報に更新があったとき差分からフィードを自動的に作っていると考えられます。
Googleはこれによって自社の強みを活かしてRSSリーダーにおいて他社より優位に立てたと思います。
posted by 瑛梨香 at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。